TOP > 環境情報 > 実際に環境に関わる仕事をしている人に会う

実際に環境に関わる仕事をしている人に会う

point 
    就職活動では色々な社会人の方の話を聞くことが大事

●同じ仕事をしている人でも考え方は人それぞれである

学生時代は、比較的同年代の人、自分が関わりたい人と関わっているケースが多いと思います。

しかし、社会人になれば、顧客・取引先・先輩・上司・部下、年齢も20代~60代まで様々な人と関わっていかなければなりません。

また、当たり前ですが、物事の考え方や捉え方も一人一人異なります。同じ会社に勤めている人、同じ内容の仕事をしている人であってもそうです。だからこそ、就職活動中は色々な社会人と会って話を聞いてみてください。

そしてあなたのこと(長所・短所・趣味・特技)も精一杯伝えてみてください。きっと毎回新しい自分が発見できると思います。

 まずは業界全体を把握しているコンサルティング会社や人材会社の社員に相談をしてみることから始めると効率的かもしれません。


<下記の著者より承諾を得た上で引用しております>

より詳しく環境の仕事を知りたい

環境にやさしい仕事をする!?―環境ビジネスへの就職・資格取得の最短ルートを全公開
黒川 智玄 (著)


環境と聞くと理系の方のみの仕事だと思いがちですが、そんなことはありません。文系でも環境ビジネス業界への就職・転職が可能です。

環境ビジネスへの就職・資格取得の最短ルートを全公開。