TOP > 環境情報 > 環境に関わる仕事の情報収集をする

環境に関わる仕事の情報収集をする

point 
   インターネット・本・雑誌など情報収集手段は多様化している

●マクロからミクロに迫る

 インターネットが普及して以来、いつでも簡単に情報が手に入るようになっています。しかし、情報が豊富なだけにその情報をどのように解釈するかはその人の判断に委ねられます。
そのため、情報の受け手の能力が問われているということにもなります。

 しかし、多岐にわたる環境に関わる仕事については、インターネット・本・雑誌のみで理解することは困難です。
 そのため、まずは下部に紹介しております『環境にやさしい仕事する!?』等の書籍でマクロ的に業界の仕事について理解してほしいと思います。そして興味を持った業界や仕事についてインターネット・本・雑誌などで調べるのが良いでしょう。

 情報は、常に「マクロからミクロ」に収集することがポイントです。メディアによる情報を収集した後は「人に会う」「イベントに行く」「セミナーに参加する」など実際に働いている人の話を聞きにいってみてください。





<下記の著者より承諾を得た上で引用しております>

より詳しく環境の仕事を知りたい

環境にやさしい仕事をする!?―環境ビジネスへの就職・資格取得の最短ルートを全公開
黒川 智玄 (著)


環境と聞くと理系の方のみの仕事だと思いがちですが、そんなことはありません。文系でも環境ビジネス業界への就職・転職が可能です。

環境ビジネスへの就職・資格取得の最短ルートを全公開。