TOP > 環境情報 > 環境の仕事に関わる職種とは

環境の仕事に関わる職種とは

point 
    どんな職種でも環境に関わっている

●職種によって環境への関わり方が異なる

 経営企画・営業・総務・財務・法務など様々な職種がありますが、どんな職種であっても環境に関わる仕事があります。

 その関わり方は、環境対策型か環境ビジネス提案型の2つに分類されます。「経営企画」は企業のビジョンや方向性を社長・経営者とともに考えるという仕事になるため、環境対策・環境ビジネス提案どちらの視点も必要になる職種です。

環境対策型の職種としては、「環境対策・管理」「総務」「法務」「財務・経理」などのいわゆるスタッフ(管理)部門が当たります。一方、環境ビジネス提案型の職種としては、「営業」「調査・分析」「製品企画・開発」「広報・PR」などのライン部門系が当たります。

 まずはこの環境対策型か環境ビジネス提案型の2分類で環境の仕事を捉えるとわかりやすいでしょう。


★補足:どんな業界でも職種の役割は変わらない
 環境ビジネス業界の仕事の職種も他業界と何も変わらない。ただ、業種・業界に環境ビジネス業界も1つの業界として成立していますが、それぞれの業種・業界にも環境ビジネスの仕事がある。それが環境ビジネスの仕事の捉え方が難しいところである。


職種別環境対策・環境ビジネス提案ポジショニング


<下記の著者より承諾を得た上で引用しております>

より詳しく環境の仕事を知りたい

環境にやさしい仕事をする!?―環境ビジネスへの就職・資格取得の最短ルートを全公開
黒川 智玄 (著)


環境と聞くと理系の方のみの仕事だと思いがちですが、そんなことはありません。文系でも環境ビジネス業界への就職・転職が可能です。

環境ビジネスへの就職・資格取得の最短ルートを全公開。